勃起障害はバレずに治療可能である

勃起障害のことは、少なからずパートナーは気づいているはずです。
挿入時のペニスの硬さ、持続時間などは、女性のほうが客観的に判断できるものです。
ただ、男性の自信に関わることなので、女性としては言葉に出しにくいものです。
男性側としては女性が気づいていると考えて、勃起障害の治療を行うべきでしょう。

勃起障害は家族や友人、同僚などには内緒にして治療することができます。
特にED治療専門クリニックはプライバシーを優先し、バレないように配慮してくれます。
女性スタッフを一人も採用していないクリニックもあります。
医師、看護師、受付スタッフに至るまで男性なのです。
ただ、クリニックに行ったときに友人や同僚などを顔を合わせる可能性は皆無ではありません。
これに関しては仕方のないことなので、もしバレたときは堂々としていればいいです。
勃起障害は決して恥ずかしい症状ではなく、血行不良によりペニスの立ちが弱くなるだけなのです。
ペニスそのものに障害があって発生するケースは非常に稀です。

クリニックでは簡単な問診を受けてから、ED治療薬を処方されます。
非常に即効性のある薬なので、パートナーには服用していることを話さなくても感づくかもしれません。
若いころに戻ったような鋭い勃起力を得られるので、パートナーはいつもと違うと感じるはずです。
ED治療薬を服用していることに関しては、話しても話さなくてもいいです。
女性は男性が想像している以上に勘が鋭いものです。
隠し事をしてもバレるので、バレることを怖れるくらいなら正直に話したほうが気楽です。
現代人は不規則な生活により、勃起障害になりやすいのです。
生活習慣病の一種であり、誰にも恥じる症状ではありません。